2017年11月1日水曜日

チダイの土鍋鯛めしと王祿〈渓〉直汲み


新鮮な茨城県産チダイがスーパーに並んでいた.体長15センチのチダイが一尾60円足らずという安さだったので,土鍋にずらりと並べて鯛めしをつくった.レシピ:【食材】チダイ(4尾)・しめじ(適量)・米3合(白米2.5合+玄米0.5合)・昆布(10cm×10cm)・濃口醤油大さじ3・日本酒大さじ2・塩小さじ2/3
  1. チダイはうろこと内臓とエラを取って,塩を振り半時間おいたのち,グリルで両面を焼いて焦げ目を付ける.
  2. 米は研いでからざるに上げて半時間おく.
  3. 土鍋に水4カップと昆布そして調味料類をすべて入れ,2 の米を投入,さらにしめじを入れ,最後に 1 のチダイを並べる.
  4. 土鍋は強火にかけ,沸騰して吹きこぼれる前に中火にして5分,さらに弱火にして7分,そして火を止めてから10分蒸らす.
  5. 一尾はそのまま食べ,残りは骨をはずして身をご飯に混ぜ込む.小骨が多いので要注意.
チダイは小骨が多いのがやや難だが,小ぶりでもずらりと尾頭付きが並ぶのは壮観.ひさしぶりの王祿酒造〈渓〉28BY純米吟醸直汲みとともに.




0 件のコメント:

コメントを投稿