2017年10月19日木曜日

寒い夜には丸ごとキャベツカレー



ここ数日というもの,秋の長雨とともに冬の寒さがいきなり到来してあわてている.夕餉にはあたたかいメニューをということで,ひさしぶりの「丸ごとキャベツカレー」を仕込んだ.今回使った冷凍保存の残りものソースは牛スネ肉の黒ビール煮込み,ラタトゥイユ,ボルシチ,前回のカレーソースの四種類の組み合わせ.こういうつくり方だと,毎回 “再現不可能” な味になる. 丸ごとキャベツカレーの初日はこんな感じの盛りつけ.明日以降,日に日にまろやかになるはず.

レシピの基本は一年前の「丸ごとキャベツカレーと〈阿櫻〉スパークリング」に書いたとおりだが,今回は冷凍ソースを使いまわすのでもっと簡単にできる.
  1. 冷凍ソース類はすべて自然解凍しておく.
  2. 水洗いしたキャベツは芯の部分をくり抜く.
  3. カレー鍋に 1 のソース類をすべて入れ,キャベツを丸ごと投入する.料理用赤ワイン200ccを芯をくり抜いた穴に注ぐ.
  4. 沸騰したら中火にして一時間ほど加熱してからキャベツを裏返し,大きく膨張するまで煮込む.
  5. キャベツが十分に柔らかくなったら,鍋の中でざくざく刻み,弱火で煮込み続ける.
  6. 最後の調味には,酸味がほしいときには無糖ヨーグルトを投入,コクがほしければ濃口醤油やもろみ味噌など和風の調味料を加えるといい.
つくった当日はまだキャベツの歯ごたえが残るが,仕込んで数日が過ぎるとキャベツの原形はまったく消え失せ,色合いはだいぶ黒ずんでくる.それとともに最初の頃のあっさりした風味からだんだん味に深みが増す.

最初の写真は初日だが,次の写真は四日目のようす.

0 件のコメント:

コメントを投稿