2017年2月11日土曜日

ブリのあら炊きの四日目


魚屋であらに出会えるかどうかは偶然のできごとなので,たまたま出会ったら買うようにしている.ブリのあらが500グラムでたった250円だったのを見つけてゲット.レシピはこんな感じ.
  1. ブリのあらに塩をたっぷりすりこむ.熱湯をかけてから,冷水下で血合いを取り除く.
  2. 平鍋に 1 のあらを入れ,純米酒300ccと水1リットルを入れて火にかけ,沸騰したら中火にして,浮いてくるアクをすくう.  
  3. 大根1/3本は皮を剥いて乱切りにし,米のとぎ汁で下茹でする. 
  4. 2 にみりん100ccと土生姜薄切り(1個分)を加えて,3 の大根を投入し,煮立ったら弱火にして,蓋なしで煮込み続ける.
  5. 濃口醤油50ccを加えて,弱火のまま1時間ほど炊く.水分が少なくなってきたら純米酒を適宜継ぎ足す.
  6. そのまますぐに食卓に出してもいいが,火を入れながら二三日炊き続けるとさらにまろやかな味になる.
いいみりんと日本酒をふんだんに使うのがポイントかもしれない.今回は愛知の三州三河みりんと新潟・朝日酒造の〈朝日山〉純米酒を調理に使った.

写真は四日目のようす.炊きはじめて四日目ともなると真っ黒な大根にも照りと風格がにじみ出る.皿に盛りつけたブリの目玉の眼光が鋭い.

0 件のコメント:

コメントを投稿